タンタルの婚約指輪をオリジナルで!指輪が傷つく原因とは?指輪ブランドをお探しなら

最終更新: 4月12日

婚約指輪は、結婚の約束をした証として男性から女性に贈るものです。結婚する際には結婚指輪をつけることになるため、婚約指輪はいつつければいいの?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事では、婚約指輪をつけるタイミングについて解説します。また、指輪に傷がつく理由についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

婚約指輪をつけるタイミング 婚約指輪はいつからつけたらいいのか、結婚指輪を貰うまでしかつけちゃいけないのかなど、疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは、婚約指輪をつけるタイミングについてご紹介します。 ◇明確なルールはない まず、婚約指輪をつけ始める時期に、明確なルールはありません。もらったら、いつでも好きなタイミングでつけ始めてOKです。 婚約指輪というと婚約期間中につけるイメージがありますが、結婚後もつけ続けて問題ありません。結婚指輪と一緒につける方も多くいらっしゃいます。◇婚約~結婚前に気をつけたいこと 婚約指輪をつけるタイミングにルールはないのですが、配慮した方がいい場面もあります。


職場で婚約指輪をつける際は、結婚報告をしてからがおすすめです。何も言わずにつけていると、思わぬ憶測を呼んでしまうかもしれません。

また、職場の雰囲気や職種によっては、華やかな婚約指輪が目立ってしまう可能性も。接客業や介護・医療関係、教育関係などの職場では特に注意が必要です。もちろん、職場のドレスコードはしっかり守りましょう。

また、相手のご両親に挨拶するときにも注意が必要です。結婚の承諾前だと「結婚の許しを得る前に指輪をするなんて」と思われてしまう可能性もあります。

ご両親の考え方によるので、相手と相談して決めましょう。迷ったら、つけずに挨拶をして、その後からつけるのもおすすめです。

◇結婚後 おすすめのタイミングは、お祝いごとなど特別なお出かけやデートのとき。きっと相手も喜んでくれます。婚約指輪が華やかなデザインの場合は、法事などにつけていくのはふさわしくありません。デザインによってTPOを意識して身につけましょう。

Masayoshi Fujishimaでは、オーダーメイドの婚約指輪を販売しています。タンタルという素材を活用しており、オリジナルなデザインを実現できます。

婚約指輪のブランドを探しているという方は、ぜひMasayoshi Fujishimaへお問い合わせください。 お問い合わせはこちら

指輪に傷がつく原因と対策 結婚指輪や婚約指輪は大切なものですが、日常的に身につけるため、傷がつく可能性もあります。 指輪に傷がつく原因としては、ドアノブやフライパンといった硬いものにぶつけてしまう、スポーツ中にラケットやボールによるダメージを受けてしまう、他のアクセサリーの金属とぶつかってしまうなどが考えらえます。 日常のちょっとした場面でも、硬いものや他の金属とぶつかって傷がつく可能性があるので、要注意です。対策としては、以下のような方法があります。


保管する際は他のアクセサリーと一緒にしない

  • 家事など傷がつきやすい行動をする際は外す

  • 傷がつきにくい素材を選ぶ


また、傷がついてしまった場合は、磨き直しをするのも方法の一つです。ただし、研磨剤を使うと傷んでしまう指輪もあるので、購入したお店に依頼すると安心です。

指輪に傷がつかないか不安という方は、タンタル素材がおすすめです。細かな傷はどうしてもついてしまいますが、比較的丈夫な素材なので、日常的に身につける結婚指輪や婚約指輪にぴったりといえます。

タンタルの結婚指輪・婚約指輪のブランドをお探しなら、Masayoshi Fujishimaでご注文ください。タンタルの指輪を、オーダーメイドでお作りいたします。

彫金技法を活用してすべて手作業で仕上げており、シンプルかつ凛とした雰囲気に仕上げます。


婚約指輪のブランドをお探しなら!タンタル素材のオリジナルリングをご提供

この記事では、婚約指輪をつけるタイミングや、指輪に傷がつく原因と対策についてご紹介しました。婚約指輪や結婚指輪は、大切な記念のものです。傷がつかないよう、大切に扱いましょう。 Masayoshi Fujishimaでは、タンタル素材の婚約指輪や結婚指輪をご提供しています。オーダーメイドでお作りするため、オリジナルのデザインを実現できます。また、タンタルは丈夫な素材なので、傷つくことが心配な方にもおすすめです。 オリジナリティ溢れる特別な指輪をお求めでしたら、ぜひMasayoshi Fujishimaへご依頼ください。




78回の閲覧0件のコメント